スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クテン家から 大リーガー生まれる!?

時は流れ・・・


コゼニと芋天の間に生まれた たくましい男の子がいた。

その子は小さい頃から 野球が好きで いつもバットの代わりに 長いもを振り回していた。



成長するにつれ、風格は もはや 大リーガーのあの人そっくりに。


その子の名前は イモロー。




メジャーを目指して 来る日も来る日も 特訓した、 そう 長いもバットで。



しかし イモローには 回文の才能はあったが 野球の素質すらなかった。



イモロー自身も その事はよくわかっていた。


「そもそも・・・長イモで野球が出来るかっ!」



あえなく 夢は断念し この若さで引退を余儀なくされたイモローであった。




と、言うわけで 野球のヒットは打てませんでしたが


回文のヒットは飛ばしまくったイモローですがもう引き継ぎです。





イモローは結構気に入った名前だったので 機会があればまたつけたいな!


と、いうわけで 娘のポテコに 選手交代!



最後に 兄から妹 銀貨への回文で締めくくります。


「ダンサー 三代目、銀貨 書かん!! 偽名ダンサーさんだ」



おしまい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。